ブログ内検索  

2016年02月24日

全く記憶にございません


002.JPG

今までの片づけで
ハンコがこれだけ出てきたのだが
実はメインに使っている銀行の銀行印が
どれだかわからなくなっていた。
かなり昔に銀行印を自分で変更した覚えは
おぼろげにあるのだが
どのハンコだったかまるで記憶にない。

という事で銀行に確認しに行ったのだが
なんとこの中になかったのである。><
別にハンコを紛失したとしても
何か不正な引出しがあったわけではないし
変更手続きをすれば問題はないのだが
こんな大事な物をどこへやったか
全く記憶がないのがショックだったのと
家中の引き出しやらカバンの中やら
全部確認したはずなのに
見つからないと言うのもかなり気持ちが悪い・・・

私は自分の記憶に自信がないので
何でもメモしておくようにしているのだが
ハンコを変更したのはまだ二十代の頃だったかもしれず
その時は自分の記憶が全くあてにならなくなるとは
思ってもいなかったと思う。

普通、記憶力が心配になってきた場合
最近の記憶は忘れていても
昔の事はよく覚えていると言うケースが多いと思う。
でも私の場合は逆で
最近(数か月)のことはまだ大丈夫なのだが
昔(5年以上前)の事はすっかりと忘れている事が多い。
いや、忘れているというより
全く思い出せない事もあるのだが
以前からこうだった気がするので
これは老化というより元々の脳力なのだろう。

そういえば、まだ60代前半だった母親が
年齢より脳が委縮していると言う話を聞いたことがあったが
かなり以前から小銭が使えなかったようで
片づけの最中に小銭が大量に出てきたが
今から思えばあれは軽度認知障害(MCI)の症状だったのだろう。
そのままだと確実に認知症になっていたはずだ。

気を付けないと私もなりやすいのかもしれないが
まあ最近の事を忘れないうちは
まだ心配しなくていいのかもしれない。
それに今はMCIの段階で治療を始めれば
かなり改善できると言う話を聞いたので
以前より認知症に対しての恐怖はマシになった。
ただ、自分でそれに気づかないといけないけれど・・・


【スポンサードリンク】


タグ:全記事
posted by ぽこみ at 20:14| Comment(3) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


【スポンサードリンク】



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。