ブログ内検索  

2016年02月27日

どうせ死ぬなら〇〇がいい


今朝、右ひじの激痛で目が覚めた。
まだ2,3時間くらいしか寝ていなかったので
もう少し寝ていたかったのだが
それもできないくらい痛かったので
さすがに痛み止めを飲もうかと思った。


014.JPG

痛くなった時に飲むようにと
病院から痛み止めをもらっていたけれど
まだ一度も飲んでいなかった。

私は、普段から薬漬けになっていると
いざと言う時に薬が効かなかったらやだなあと
なるべく飲まないようにしているのだが
でも今回はさすがに飲もうかと思ったものの
夕方になると痛みは和らいだので
痛み止めなしでなんとかなった。
私の場合、長くても1日以上
同じところが痛くなったりしないので
まだ耐えられるのだが
これが何日も続いたらさすがに薬に頼る。

ちなみに少しくらい眠れない日が続いても
睡眠薬も飲まないようにしているのだが
数日よく眠れなかったとしても
その後に必ず普段より長く眠れる日がくるので
あまり気にしてはいない。

でもこれは今は働いていないからできること。
昔は一睡もせずに仕事に行くこともできたが
今は絶対無理だと思うので
もし働いていたとしたら
睡眠薬のお世話にならざるをえなかったと思う。

とにかく薬はなるべく飲みたくないけれど
痛いのや辛いのはもっとイヤ。
特に死ぬときにものすごく苦しむのが一番イヤだと常々思っている。


少し前になるけれどクローズアップ現代で
がんを“生ききる”〜残された時間 どう選択〜
と言う内容の番組をやっていた。
ガン患者の終末期の医療についての話で
治療よりも自分の人生の最期を充実させることに
重点をおいた治療を選択した人たちの話が紹介されていた。

そう言えば以前本屋で
どうせ死ぬなら「がん」がいい
と言う本を見たことがあった。
読んでいないのでちゃんとした内容はわからないが
タイトルから推測して
人生の終末期を充実させるにはガンが一番いい
と言う話なのかなと勝手に思ったが
なぜ一番苦しむガンがいいのだろう?と思っていた。

実は両親ともガンで亡くなっているのだが
番組で紹介されていたような治療の選択など
まだなかったのかどうかわからないけれど
最後まで抗がん剤の治療をしていたので
最後の最後までかなり苦しんだ。
それを見ていてガンとは最後まで
こんなに苦しむものなんだと思っていた。

ところが、実は年をとってからのガンは
治療をしなければそう苦しむものではないと言う話を聞き
それだと自然死と言ってもいいのかもしれないと言う気がした。

私は両親の苦しんだ姿を見ているので
ガンになっても苦しむ期間を延ばすだけの治療は
絶対にしたくないと思っていた。
しかし番組でやっていたのは
最後をどのようにすごしたいかによって
治療を選択できるようになってきたと言う話なので
ただ苦しむだけ苦しんで
なにもできない闘病生活を送るのではなく
残りの人生が少しばかり短かくなったとしても
やり残したことをやったり最後を迎えるための準備をする
と言う選択ができるのである。

という事で私も今は
どうせ死ぬならガンがいい
と思っているのだが
実際に余命宣告を受けたとしたら
冷静に受け止められるのかどうかまだ自信はない。

しかし、いよいよあと数か月しかないとなったら
時間を無駄にすることなく
やりたいことややらねばならないことを
テキパキやって
かなり充実した日々を送れそうな気がする。

いや、余命宣告を受けなくても
いつ死ぬかわからないという気持ちを常に持って生きていれば
毎日無駄にダラダラと過ごすことなく
充実した人生を送れるんじゃないだろうか。

と、言うようなことは誰しも考え付くだろうけど
実際行動にうつすのはかなり難しそうだ・・・(特にワタシには><)


【スポンサードリンク】


ラベル:全記事
posted by ぽこみ at 19:31| Comment(10) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


【スポンサードリンク】



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。