ブログ内検索  

2018年05月06日

結局捨てられない


ちょっとバブルの香りのするものがまだあった。

IMG_20180505_144820.jpg

これはかなり汚くなっているので
躊躇なく捨てる。


IMG_20180426_165703.jpg

こっちは古着屋へ。
左のは羊革で確か16万位したと思う。
今考えたら1着に10万以上かけるなんて
とんでもないのだが
当時はわりとそんなものだった気がする。
それでも私はあまり洋服に
お金をかけていた方ではなく
毎月洋服代10万以上とかいうツワモノも
ごろごろいた時代である。

今回は嵩張るものだったので
この2着のみを持っていったところ
今回は60円。
まあ重さのみの値段だ。


IMG_20180506_164726.jpg

帰りにショッピングモールを覗いていたら
なんだか新しい服が欲しくなって
これを買ってしまった。
これは3000円ほど。

古い物を処分して
新しい物を買うというのは
行動としては正しいと思うのだが
最終的に30着くらいに納まるのだろうか・・・


次にシマオさんのキャリー。
デニムのキャリーと
ペットショップでもらった
プラスチックのキャリーがあるのだが
2つもいらないのでどちらか捨てたい。
(以前にペットショップで買った子の時にもらった)


IMG_20180506_141649.jpg

デニムのやつは玄関に置きっぱなしにしていたら
ものすごい毛だらけになってた。


IMG_20180506_142537.jpg

実は家電を買ったときに
掃除機も一緒に買った。
古い掃除機を捨ててから
掃除機を使っていなかったし
別に無くても困らないのだが
ネコの毛はコロコロだけでは
取りにくい場所があるので
ついつい家電を増やしてしまった。
新居には仕舞う場所もないのだが。


IMG_20180506_143146.jpg

私はデニムのキャリーの方が
デザインが気に入っているし
持ち運びもしやすいのだが
シマオさんには少々窮屈かもしれない。
それに、キャリーに入れると大暴れして
布だと破れないかと思うほどだ。


IMG_20180506_144538.jpg

なので病院に行くときは
どうしてもプラスチックの方を使うので
どっちも捨てられない・・・


【スポンサードリンク】




ラベル: 全記事
posted by ぽこみ at 19:51| Comment(4) | 汚部屋状況・片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽこみさんのブログをまたこうして読むことができて嬉しいです。
ぽこみさん、シマオさん、お元気そうで安心しました。
Posted by ミケ at 2018年05月06日 21:08
こんにちは!はじめてコメントさせていただきます。
ブログ再開とても嬉しいです。
布製キャリーは、やはり元気な猫だと破って脱走してしまうことがあるみたいですよ。
我が家のおてんば猫も、なんと自分で内側からファスナーを開けて出てしまったことがあります。そのときは車内だったので脱走は免れましたが、以来、プラスチックキャリーに買い替えました^^:ご参考までに♪
Posted by もぐ at 2018年05月07日 09:58
シマオさんを洗濯ネットに入れてからキャリーに入れてはどうでしょう?動きにくいのでデニムでも破損の心配は要らないと思います。
Posted by 通りすがり at 2018年05月07日 12:17
こんにちは。
シマオさんかわいいですね。

不要になったキャリーバッグは、保護猫活動
をしている方には喜ばれます。
「保護猫 キャリーバッグ 寄付」で検索
してみてくださいね。

TNR活動を (飼い主のいない猫の不妊手術)
するときに、活躍するので助かるそうです。



もしも、次に購入する場合があれば
見た目にかわいいデザインではなく、 

プチリュバン ペットキャリーバッグ45

リッチェル キャンピングキャリー ダブルドア M

丈夫なプラ+柵タイプをおすすめします。

粗相をしたときにも丸洗いできて
普段は入り口の柵を取り外しておき
いつでも入れるように猫を慣らすことも
可能です。

病院に行くときには、必ずキャリーバッグを
布で覆ってから脱出防止のために持ち運び
します。

我が家の猫は、2匹とも保護猫育ちなので
洗濯アミに入れるのは不可能でした。

なので、キャリーバッグを布で覆いつつ
移動しています。

家猫は逃げたら、頭の中に地図がないため
なかなか戻ってくることができないみたいです。


我が家のキャリーバッグは
ボンビ 犬猫用キャリーケース エコノア2 ツートンピンク 体重7kgまで
を使用しています。

見た目は・・・ですが、丈夫でしっかりと
した作りで、5.7キロの猫がはいっても
中でくつろげる広さです。
Posted by もちもち at 2018年05月07日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。