ブログ内検索  

2016年02月16日

究極の自由と孤独


最近、掃除もブログも
完全にやる気をなくしているな
とお気付きのことかと思う。^^;
また現実逃避する悪い癖が再発して
ドラマや映画を見ていたりした。
でも、言い訳じゃないけれど
こういう事も全く無駄じゃないと思ったりする・・・

最近見た映画で特に印象に残っているのは
インターステラー
ヒミズ
イントゥ・ザ・ワイルド。
その中でイントゥ・ザ・ワイルドについての感想など。
(以下、興味のある方はお読みください。^^)


最初、何の予備知識もなく見たので
若者のよくある自分探しの旅が
普通よりちょっとワイルドで
その旅の中で学びながら成長していく話かなと
ありきたりでつまらないかもと思いつつ見ていた。
その予想は全く違っていたわけじゃなかったけれど
見終わった後の感想は全く違ったものになった。

大学を優秀な成績で卒業したその青年は
親からもらった学費を全額寄付して
突然無一文で旅に出た。
その後いろんな人たちと出会ったり
時には働いて金銭を得たりして旅を続けていたが
最終的な目的はアラスカの荒野で
たった一人で生きてみるということだった。

物が溢れすぎていたり
複雑な人間関係や
決まり事の多い世の中に窮屈さを感じて
自然の中で自分の力だけで生きてみたいという
その気持ちはわからなくもないが
実際にやらずともその過酷さは想像できるので
本当にやろうと思う人は稀だろう。

と言ってもこれはアメリカ映画なので
大変な目に合いつつも
最後は九死に一生を得て
元の世界に戻っていくと言う
ハッピーエンドを想像していたのだが
しかしその期待は裏切られ
戻ろうとする青年の前に自然は牙をむく。
川の増水で戻ることもできず食料も尽きて
空腹に耐えかねた青年は
間違って食べてしまった毒草によって
荒野でたったひとりで
苦しみながらあっけなく死んでいくのである。

この物語が実話だったということも
衝撃的だったが
いくら文明社会を嫌ったところで
自然の前では人間は非力で
ましてや一人では生きられないという事実を
残酷な結果で思い知らせてくれる。

青年は最後に
「幸福が現実となるのは
 それを誰かと分かち合った時だ」
と言う言葉を書き残した。
過酷な旅の果てにそれに気付いたけれど
元の世界に戻れなくなった彼は
その旅を後悔していたのかと言うと全くその逆で
「僕の人生は幸福だった」と書いている。
彼の旅はたった二年で終わってしまったけれど
究極の自由と孤独を心の底から楽しんでいたのだと思う。

私はひとりが大好きだけれど
それでもたまに孤独だと感じる時がある。
でもそんなものは生ぬるい孤独だ。
文明社会のシステムの中で生きていて
その恩恵を受けているかぎり
それは究極の孤独ではない。

外に出てみて始めて
元いた場所のよさがわかる
ということはよくある話だけれど
その外に出てみる勇気がなければ
頭ではわかっているつもりでも
本当のところはわからないのかもしれない。
しかしそれを体験をしてみる勇気は全くない。

彼の場合、アウトドアのプロから見たら
準備不足だとか知識不足だとか思うだろうけど
あえてそういう物に頼らず
外に出てみたと言う
若者のその無謀とも言える勇気に
なんだか感動したのである。

クリストファー・マッカンドレスで検索すると
 ご本人の写真が出てくる。)


【スポンサードリンク】


タグ:全記事
posted by ぽこみ at 21:47| Comment(9) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


【スポンサードリンク】



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。