ブログ内検索  

2015年11月26日

誰に助けを求めるか?


毎日どこそこが痛いとか
具合が悪いとか言っているのも
病気自慢のようで自分でもいやになるけれど
でも肩が更に痛くなってきたとか
心臓の調子もちょっとよくないとか
どうしても言ってしまう・・・

心臓は元々軽い弁膜症なのだが
日常生活には支障が無い程度である。
しかしアルコールを飲み過ぎると
動悸が治まらなかったり不整脈が出てくる。
(数日おとなしくしていれば大体治るが)
なのでなるべく飲まないようにしていたものの
今年のボジョレーヌーボーは50年に一度の出来だと聞き
ついつい飲みたくなってしまった。^^;
それでも以前はよほど飲み過ぎないかぎり大丈夫だったのに
最近はグラス一杯でもダメなようである。
関節も痛くなるし
アルコールを飲んでいいことはないのはわかっていたが
これで唯一の楽しみだった晩酌とも
本当にお別れの覚悟をした。。。><


ところで、最近本当に暗くなるようなニュースをよく目にするが
このニュースはこの短い記事を読んだだけでも辛い。
「3人で川に」夫婦死亡 利根川 殺人・自殺幇助、容疑の三女逮捕
生活が苦しい上に一人で両親の介護に
疲れ果てていただろう三女のことを思うと涙が出てくる。
(姉妹がいても頼れなかったのか?)
私は認知症や長い期間の介護経験はないのだが
両親が同時に病気になってしまった時には
さすがに疲れてしまった。
それはそんなに長い期間ではなかったのだが
あれが何年も続いていたとしたら・・・

もうひとつ、これも身につまされる話だった。
助けてと言えなくて〜女性たちに何が〜
最近20代〜40代の女性が救急搬送されるケースが増えているらしいが
その背景には貧困問題やDVが関係しているのだとか。
この番組で出てきた女性で
実家の親に迎えに来て欲しいと病院が連絡したら
断られたと言うケースがあった。
とにかくどのケースも聞いているだけで辛い話ばかり・・・

どちらの話にも共通しているのが
どんなに窮地に追い込まれても頼れる人がいないということだ。
そして税金もろくに払っていないのに
国に助けを求める資格がないと言って
自殺をはかった女性もいたが
こういう真面目な人も多いのだと思う。

私も頼れる人がいないので本当に他人事ではないのだが
頼る人は別に血縁関係でなくてもいいわけだ。
逆に血縁がいるのに頼れない方が辛いだろうなと思う。
なのでたとえ天涯孤独であっても頼れる友人知人がいればいいのだが
私も含めてそれもいないと言う人が多いのかもしれない。

しかし、本当の解決にはならないと思うが
以前から漠然と考えていたことがある。
現実では自分と同じような境遇の人を見つけるのは難しいし
いたとしてもあまり人には言いたくないだろう。
しかし、コメントでは同じような境遇ですと言う方が思ったより多い。
ネットだと検索して探してくるので逆に集まりやすいのだと思う。
そういう人たちと実際に会うことは難しくとも
スカイプを使えば数人とグループチャットや会話などもできるし
もちろん顔を出さずに本名や素性を言う必要もない。
実際の友人知人のように頼りにはならないかもしれないが
少なくともお互い話相手や相談相手ぐらいにはなれるかも・・・
(私と一対一のやりとりではなくてグループ内でと言うこと)

などと考えたりしているが
まだ考えているだけである。


(※隊長に業務連絡
 終の棲家もまだ決まっていないので
 実際に誰かとお会いするとかよりも
 上記のような感じはどうかな〜と考えているところです。)


【スポンサードリンク】


タグ:全記事
posted by ぽこみ at 23:43| Comment(16) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


【スポンサードリンク】



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。