ブログ内検索  

2015年08月31日

ターシャ・テューダーとソローの名言


2015_8_31.JPG

さて、また溜まってきた紙ゴミの処理をしなくては。


2015_8_31.JPG

シュレッダーにかけて


2015_8_31.JPG

資源ゴミに出せるものをまとめて


2015_8_31.JPG

その他のゴミもまとめてっと。


あとは掃除をしたり洗濯をしたりと
そういう日常の当り前の作業だけで一日が終わってしまう・・・
普通の主婦の家事労働よりもずっと少ないはずだし
サボっているつもりもないのに本当に進まない。^^;
でも今までそういうことすら碌にやっていなかったのだから
かなりマシな生活にはなってきたと思う。


ところで、私は全く知らない人物だったのだが
92歳で亡くなられて今年生誕100年で
そのライフスタイルが日本でも人気の
ターシャ・テューダーと言う
アメリカの絵本作家の話をテレビ番組で見た。
永遠のターシャ・テューダー〜生誕100年 夢は今も息づいて〜

古き良きアメリカの生活そのままに
広大な庭を一人で作り上げ
自分で作れるものは何でも自作しながら
子供たちや孫たちに囲まれて
静かな最後を迎えたその生き方はまるで
絵本の中の生活そのもので
憧れる人が多いのもよくわかる。

自分の好きなことに没頭して92歳まで元気で
愛する家族に囲まれて
大好きな庭を眺めながら静かに最期を迎えるなんて
理想の人生の終わり方じゃないだろうか。

彼女がそういう生活を始めたのは50代後半らしいので
もしかして私が今からでも理想の生活を探し求めて
やり始めるのに遅くはない?
とにかく人生の後半をこうも素敵に生きている人を見ると
希望やらやる気やらが湧いてくるのである。

ただ、私は家族がいないので
イメージするのはどうしても孤独死しかなかったのだが
そればかりを心配して常に不安な気持ちでいたら
それまでの何十年間(?)の生活を楽しめないではないか。

その番組の中で
ターシャが好きだと言った言葉がある。
ソローの名言で

If one advances confidently in the direction of his dreams, and endeavors to live the life which he has imagined, he will meet with a success unexpected in common hours.

自分の夢に向かって自信を持って前進し、
心に思い描いた人生を
生きるように努力するならば、
思いもよらぬ成功に出会うだろう。


ソローもよく知らなかった私は
他の名言も気になって調べてみた。
すると今の私にぴったりの言葉があった。

簡素で懸命な暮らしをすれば、
この世で生きていくことは苦労でなく楽しみとなる。
大部分の快適なものや、
生活を楽にするものの多くは、
無くてすむばかりか
明らかに人類の進歩の妨げになる。



【スポンサードリンク】


ラベル:全記事
posted by ぽこみ at 20:20| Comment(11) | 汚部屋状況・片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


【スポンサードリンク】



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。