ブログ内検索  

2015年02月28日

特定空家と今週捨てたゴミ


2月26日に施行された空き家対策特別措置法によると
「特定空家」に指定された場合、
固定資産税が6倍に跳ね上がって
行政から指導を受けたり罰金が課せられたり、
最悪の場合は行政代執行で家を解体されて
代金を請求される可能性があるかも・・・?
えっ、特定空家とは何ぞ?

長く住居またはその他の使用がされていない状態で、且つ、
そのまま放置すれば倒壊の危険性がある状態
著しく衛生害となるおそれがある状態
適切な管理が行われていないために地域の景観を著しく損なっている状態
周辺の生活環境の保全を図るために放置するのは不適切である状態

という事らしい。
ただ空家になっただけではすぐに特定空家にはならないようで
こうなるまでにはかなりの年月放置しなければならない。
しかしこれは現在空家を持っている人にはもちろん頭の痛い問題だが
今現在古い家に高齢の両親などが住んでいる場合も深刻な問題だ。
今すぐには家を処分できないがこれから先空家を売ろうと思っても
売りたい人が多くなってますます処分が難しくなる可能性が高いからだ。
売れない場合はいつかは解体しないといけないわけで
その時に何百万かの解体費用がかかってしまう。
その時にそんなの払えません!と言うケースがたくさん出てきて
トラブルや裁判とかが増えそうな気がする・・・

そこに目をつけてと言うか
空家のメンテナンスサービスをする業者も増えているようだが
それも余計な出費が増えてしまうわけだ。
これを親側から考えたら子供に迷惑をかけたくないと思うと
今までは「葬式代くらい残して死にたい」と言ったものだが
これからは「葬式代と家の解体費用くらいは残して死なないと・・・」
と言うことになるのかもしれない。
しかしそうなるとお葬式の規模や家の状態にもよるだろうけど
300万〜500万くらいは必要になる?(死ぬのも大変・・・)

私の場合、お葬式はいらないし迷惑をかける相手もいないので
もし死んでそのまま特定空家になったとしたら
お金を残さないでも行政が処分してくれるのだろうか・・・?
もちろん一番いいのは今の内にさっさと古い家を売って賃貸にすることだが
今でも売れるのかどうかあやしい感じがしてきたし
果たして計画通りに上手くいくのかどうか・・・

この顛末は夏頃からスタート予定のシーズン2にて、多分。^^


さて、廃品回収に出す家電は今度こそなくなったかと思っていたが
寝室を忘れていた・・・

2015_2_28.JPG

ビデオデッキとCDプレーヤー。
どちらもまだ壊れてはいないが
今はパソコンがあれば足りるのでもう使うことは無い。


2015_2_28.JPG

ビデオデッキを出してみるとこんな感じでホコリが。


2015_2_28.JPG

これも捨てる物だから別にこのままでもいいのだが


2015_2_28.JPG

一応拭いておく。^^


今週捨てたゴミ
2015_2_28.JPG2015_2_28.JPG
2015_2_28.JPG2015_2_28.JPG


2015_2_28.JPG


2015_2_28.JPG

まだ衰えを見せない服塚妖怪・・・


【スポンサードリンク】



にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
断捨離ブログランキングへ
タグ:全記事
posted by ぽこみ at 13:55| Comment(9) | 汚部屋状況・片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


【スポンサードリンク】