ブログ内検索  

2018年06月21日

ゴミの捨て方にうるさいおばさんの大惨事


たまにゴミの捨て方を褒めていただくことがあるけれど
あれだけ部屋を散らかしておきながら
なぜかゴミ捨てには神経質なところがあって
自分でも不思議だったりする。
しかしゴミの捨て方に気をつけていると
どうも他人のゴミの捨て方も気になってくるようだ。

引越し先のマンションにはゴミ収集用の大きなコンテナがあるが
ゴミを捨てる時に嫌でも他人のゴミが目に入ってしまう。
それで気になってしまうのは
ゴミ袋の口を縛らずに捨てている人がいるので
中身がこぼれていたりする。
いやそれでも袋に入っていればまだいいが
袋にも入れずにそのままゴミを捨てている人がいる。
さすがに生ゴミではなかったけれど
外にあるゴミ箱と同じ感覚で捨てているのだろうか。
(掲示板には袋に入れろと書いてあったぞ)

ゴミが有料の地域はどこも同じような感じだと思うが
ゴミ袋の口を縛っていないと収集してもらえない。
ゴミの収集が無料の地域の人は
ゴミをタダで持って行ってくれるありがたみが
わかっていないのかもしれない。

と、もう完全に
「ゴミの捨て方にうるさいおばさん」と化している。
ただ、小心者なので口に出しては言えないけれど。。。


さて、あまり日にちも無いのだが
ウチに残っているモノを少しでも減らそうと
古本の買取をしてもらうことにする。


IMG_20180621_153824.jpg

残っている本のうち
売れそうなヤツはこれくらいあった。


IMG_20180621_183524.jpg

用意した箱に全部収まりきらなかったが
まあ後はいいか。


IMG_20180621_191825 (1).jpg

残った本はあとこれだけ。
全部かなり古かったり汚れていたりと
売れる物ではないのでそのうち全部捨てよう。


ところで
このとき本棚のガラス戸を開け閉めしていたら
戸が外れて下に落ちてしまい
ガシャーン!と大きな音がして


IMG_20180620_200645.jpg

もう大惨事・・・><


IMG_20180620_021651.jpg

すぐ隣で寝ていたシマオさんが飛び起きて
ものすごい勢いで部屋の外へ出ていった。

私はスリッパを履いていたので大丈夫だったけど
シマオさんがガラスの破片を踏んでいないが心配になったので
足を拭いてブラッシングもしてからガラスを片付け始めたが
思ったより破片が細かくて
ホウキで履いてもなかなか取れない。
掃除機はもうないし
しょうがないのでコロコロで破片をくっつけて掃除した。

が、掃除をしながら
引越しまでにもう不燃ゴミを出す日が無いから捨てられない!
と、気付いたゴミ捨てにうるさいおばさんはショックを受けた。


【スポンサードリンク】

ラベル:全記事
posted by ぽこみ at 22:30| Comment(0) | 汚部屋状況・片づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


【スポンサードリンク】